知らなかった茅ヶ崎をもっと知り、もっと好きになり、
もっと楽しめる!茅ヶ崎を知り尽くす情報サイト

チガサキゴトよ、チーガ

  • facebook
  • instagram
  • twitter

チガサキゴトよ、チーガ

GOURMET

NEW

ローレンス

茅ヶ崎のケーキがひときれ30円だった時に新宿が60円でね、
茅ヶ崎で一番早く60円にしたの。

  苺のロールケーキ   750円
苺のロールケーキ   750円

  イチゴの配置が完璧で美しい断面を持った、きめの細かいふわふわな生地のロールケーキ。イチゴをどのようにカットし、生地のどこにクリームを塗り、どのようにイチゴを配置し、どのように巻いてどこをカットすればこの切り口になるのかを、石井さんは熟知している。この方はいったい何本のロールケーキを巻いてきたのだろう。

ローレンス
飽くなき探求

 「茅ヶ崎のケーキがひときれ30円だった時に新宿が60円でね、 茅ヶ崎で一番早く60円にしたの。週に1回の休みの日に新宿にきれいなケーキを買いに行くの。分解して1枚ずつはがして構造を見るわけ。見ればだいたいわかった」昭和30年代、茅ヶ崎駅北口のフルキレストランで、ケーキ職人として働いていた頃の話。

ローレンス
ケーキはワンカット250円

 石井さんが『ローレンス』をはじめたのは、昭和47年の2月。最初の店は茅ヶ崎駅の近く、共恵のツインウェイブあたり、そこで5年。「クリスマスケーキは茅ヶ崎でいちばん高かったけどたくさん売れた。1ドルが360円の時にスイスにも行ったよ。今は茅ヶ崎で一番安いケーキ屋だけどね(笑)」  

 移転して松浪、浜竹通り沿いの店は、長く愛されて37年を営んだ。今の東海岸北は3年目だけど、少しわかりにくい場所にある。ふと思ったのは、松浪で閉店したと思っている人がいるのではないかと。そしてお店があると知れば、石井さんのケーキを食べたいかつてのお客様がいるのではないかと。

 『ローレンス』のショーケースの中は全て石井さんひとりで作っている。連れ合いのさんがいなくなり、ふたりぶん仕事をするのがあたりまえになって17年。代金の計算をし、包装も手がける御歳85歳。なんと従業員は一度も雇ったことがないそう。師曰く「自分の身の丈でやっておれば好きなことできる」。ケーキを買うと、箱の上にえんじ色の紙をちょんと乗せ、慣れた手つきで紐を結んでくれる。その箱の佇まいはどこか懐かしく愛らしい。


writer:小嶋

INFORMATION

自家製洋菓子の店 ローレンス

住所 茅ヶ崎市東海岸北4-9-6
駐車場 P1台
TEL ︎0467-86-3328
営業時間 10:30~18:00
定休日 水・木休

RELATED ARTICLES関連記事