知らなかった茅ヶ崎をもっと知り、もっと好きになり、
もっと楽しめる!茅ヶ崎を知り尽くす情報サイト

チガサキゴトよ、チーガ

  • facebook
  • instagram
  • twitter

チガサキゴトよ、チーガ

GOURMET

NEW

インド料理 シャージ

「メノン」にいたシェフが丹精込めて作る
本格的な絶品スパイス料理

インド料理 シャージ
ランチセットB:1,375円(チキン、キーマ、ベジタブルからお好きなカレーを2つ
タンドリーチキン、ナンかライス、サラダ、ドリンク、デザート付) 

 「これはベジタブルカレー、南インドではサンバールといいます。野菜をスパイスで煮込んで作る、インドの『おふくろの味』ね。サンバールマサラというスパイスを使って作る店が多いけど、私は使わない。自分でブレンドして作ります。ここでしか食べられない味を楽しんでもらいたいから」

 と、ひとなつこい笑顔で語るのは、この店のシェフ、南インドはケララ州出身のシャージさん。シャージさんは、少し前まで常盤町の人気カレー店「メノン」で腕を振るっていた。閉店に伴い、自分の名を冠した「シャージ」をオープンしたが、その美味さはメノンの時と変わらない。カレーにかけるシャージさんの情熱も、メノンからシャージに受け継がれている。

 お盆に載った店の人気メニュー「ミールス」の説明をお願いすると、シャージさんの口からインド料理や食材の名前が次々に飛び出した。 

 「これはチャナマサラ。3種類の豆が入ってます。こっちはアチャール(インドの漬物)、タマネギのピクルス。むこうではビネガーや、トーリというココナツのお酒を使いますけど、ここでは日本人向けにリンゴ酢で作ります。あと、こっちはキャベツのスパイス炒め。南インドではポリヤル、北インドではザブジといいます」

  どの料理にも、クミン、ターメリック、カルダモン、タマリンド等々、たっぷりのスパイスが使われているが、クセや臭みは一切ない。ひと口食べるや、香りや辛味の向こうから、野菜や豆のまろやかな旨味が顔を出す。カレー、野菜炒め、ピクルス、どれも素材が調和した絶品スパイス料理である。

 「ミールス」のお盆には、長細くてサラサラしたバスマティライスと、カリッと焼き上げられたパパドも並ぶ。バスマティライスはヒマラヤ山麓で採れるインディカ米の一種で、滅多にお目にかかれない高級品。薄焼きせんべのようなパパドは、適当に割ってカレーをつけて食べてもいいし、カレーのトッピングにしてもいい。ライスにカレーをかけて、その上に細かく砕いたパパドを載せて食べると、またひと味違った食感が楽しめる。

スパイス使いから野菜の切り方まで
カレーの種類ごとにレシピを変える

インド料理 シャージ
ミールス・ランチセット
1,430円

 「多くの店では、カレーのベースはひとつだけ。そのベースをアレンジしてさまざまなカレーを作る。でも、私のところではカレーごとにベースを変えます。スパイスも変えるし、野菜の切り方も変える。カレーの種類ごとに、全部レシピが違うんです。あと、私は分量をきっちり測ります。インド料理店ではスパイスを目分量で使うことも多いけど、それだと味が変わってしまう。常に美味しいカレーに仕上げるには、食材の分量がとても大事なんです」

 シャージさんの手元には、料理ごとに細かく分量が記されたノート。走り書きされたメモからは、試行錯誤のあとが窺える。この几帳面さに、他と一線を画すシャージの美味のヒミツがあるのかもしれない。

インド料理 シャージ

 ちなみに、牛と豚のひき肉を使ったキーマの隠し味は醤油と出汁。日本人が食べやすいように工夫を加えたという。日本の文化が大好きで、在日20年を越すシャージさんならではの、日印相和す最高のカレーをぜひご賞味あれ。

インド料理 シャージ
シャージさん

writer:藤原千尋
ふじわらちひろ/1967年東京生まれ、2006年より茅ヶ崎市松が丘在住/出版社勤務を経て単行本ライター。ビジネス、教育、社会貢献、生き方老い方など幅広いジャンルの企画とライティングを手がける。

INFORMATION

インド料理 シャージ

住所 茅ヶ崎市今宿744−5
駐車場 P 4台
TEL 0467-33-5860 ★テイクアウト可
営業時間 11:30~15:00 (L.O.14:30) 17:00~21:00 (L.O.20:30) [土·日] 11:30~21:00 (L.O.20:30)
定休日 木休

RELATED ARTICLES関連記事