知らなかった茅ヶ崎をもっと知り、もっと好きになり、
もっと楽しめる!茅ヶ崎を知り尽くす情報サイト

チガサキゴトよ、チーガ

  • facebook
  • instagram
  • twitter

チガサキゴトよ、チーガ

OTHER

NEW

海街の本棚

ヴィトルト・リプチンスキ
春日井晶子訳

「ねじとねじ回し この千年で最高の発明をめぐる物語」

早川書房 二〇〇三年

海街の本棚

 今回ご紹介する本は、「ねじ」と「ねじ回し」のお話です。本のタイトルには、この千年で最高の発明とありますが、ねじの原理そのものは、二千年以上前の古代ギリシア文明にまで遡ります。

 ねじの起源は「水ねじ」と言って、農業や飲用のために、池や河から水を汲み出すために発明された大きな筒状のものです。

 一方「ねじ回し」は、今でこそ、ドライバーに代表されるように真っ直ぐな棒ですが、小さな力でも重いねじを回しやすくするように、持ち手をクランク状にする工夫がされたこともあったそうです。

 ただ、「ねじ」が飛躍的な進化を遂げたのは、悲しいかな中世以降の戦時の需要があったからだったとのこと。大昔は、甲胄の組み立てに使われ、日本に伝来した火縄銃も、ねじの存在なしにはありえなかったそうです。

 そんな歴史の一方で、産業革命期の蒸気機関の製造や鉄道建設には、「ねじ」と「ねじ回し」は大きな役割を果たしたことでしょう。二千年以上前の発明が、連綿と続く我々の生活の土台を支えていると思うと、小さなねじ一つにも重みを感じますね。

 そんな文明の起源となる「水ねじ」を発明した人、それはアルキメデスです。

 アルキメデスは、本書で「ねじの父」と呼ばれ、古代ギリシア文明が誇る優秀な科学者、物理学者であり、天文学者、発明家。そして、生まれは本誌のイタリアン特集に合わせたように、イタリアのシチリア島なんだそうです。


スガマリンタロウ

スガマリンタロウ Sugama Rintaro
茅ヶ崎在住。湘南から東京へ通勤するごくごく一般的なサラリーマン。通勤時間やちょっとした空き時間がもったいないなと思っていたところ、もともと好きだった読書欲に火がつく。積ん読もたまる一方。一箱古本市などのイベントに出店して読了本を放出することがたまにあります。

RELATED ARTICLES関連記事