知らなかった茅ヶ崎をもっと知り、もっと好きになり、
もっと楽しめる!茅ヶ崎を知り尽くす情報サイト

チガサキゴトよ、チーガ

  • facebook
  • instagram
  • twitter

チガサキゴトよ、チーガ

GOURMET

NEW

カラーブリア

室田

シェフの釣り魚が
メニューに並ぶ
住宅街のイタリアン

カラーブリア
ホタルイカのガーリックソーススパゲティ1,450円~(時価)

 茅ヶ崎駅からバスで約15分。市のほぼ中央に位置する松林・室田を走る松林通り沿いに、今年で11年目を迎えるイタリア料理店「カラーブリア」がある。

 夫婦二人で切り盛りする家庭的なイタリアンだが、多彩なメニューと本格的な味付け、心のこもった温かいもてなしにリピートするファンも少なくない。「地元に愛される隠れた名店」とは、こういう店のことを言うのかもしれない。

カラーブリア

 この日出していただいたパスタは、春先に旬を迎えるホタルイカのガーリックソーススパゲティ。今回のホタルイカは兵庫県産だが、3月に漁が解禁になったらホタルイカで有名な富山産も仕入れる。

 その時期にしか味わえないものをなるべく取り入れ、お客さんに楽しんでいただきたいというシェフの心遣いとお見受けしたが、じつはこれはホタルイカに限らない。自らを「釣りバカ」を称するほど釣好きなシェフがとってくる魚も、その時にしか味わえない料理として、店のメニューにしばしばあがる。

カラーブリア
赤ワイン3,100円〜(左から)ピエモンテ州の老舗ワイナリーが造る、
オーガニックの「ロエロ ロッソ」、
特有の酸味と果実感が楽しめるオーガニックの「バルベーラ ダルバ」、
幅広い料理に合うカラブリア州産「ジート チロロッソ クラシコ」

 「湘南だけでなく、三浦、真鶴、伊豆半島まで行くこともあります。僕は磯や堤防など寄せ餌を撒いて「ウキフカセ釣り」をするんですが、メジナ、イナダ、スマガツオ、クロダイ、ヒラメのほか、アイゴのようなあまり市場に出回らないものが釣れることもあります。お店で出すことを前提に釣るというよりは、オマケで出すといった感じですが、釣れたときは香草焼きにしてメインディッシュにしたり、パスタにすることもありますね」

 出身は相模原。海に憧れて茅ヶ崎へやってきた。ほどほどにサーフィンも楽しんでいるというシェフ、海と釣りへの愛は、料理と同じくらい深いのかもしれない。

カラーブリア
白ワイン3,100円〜:修道院で造られる「コエノビウム」。
体にスッと入る自然な味わいのオーガニック
洋梨やリンゴのような芳潤な香りが楽しめる「ベロッティ ビアンコ」
オレンジがかった深い色、ふくよかな味わいが堪能できるオーガニックの「バンブーロード」

希少部位を使用した
ちがさき牛のステーキ。
好みの飲み物とあわせて

カラーブリア
ちがさき牛のステーキ1,850円

 メインのちがさき牛のステーキは、「ミスジ」という肩甲骨付近の希少部位を使う。タンパク質が豊富で肉質のしっかりした、味の濃い部位である。

 この濃厚なお肉に合わせるならやっぱり赤ワイン?  と尋ねると、

「やっぱり赤が合うでしょうね。ホタルイカのパスタは泡か白で。でも、赤でも白でもビールでも、その人の好みで構わないと思います。もちろんその都度お勧めをお伝えすることはありますが、僕自身のこだわりをお客様に、というのは正直あまりない……ですね。お料理に関しても、昔はこだわりのようなものもいろいろあったと思うんですけど、今は足を運んで食べてくださるお客様に『ありがとうございます』と、ただそれだけですね」

店名となった南イタリア
「カラーブリア」の郷土料理とは

カラーブリア

 店名の「カラーブリア」とは、長靴にたとえられるイタリアの、ちょうど爪先部分にあたる場所に位置する州の名前。一般にはあまり知られていない州だけれど、一体なぜ店名にカラーブリアと?

 「以前勤めていた職場で、イタリアの郷土料理フェアをやったことがあて、その時にカラブリア州を知って興味が沸いて。中でも『ンドゥイヤ』という郷土料理にハマってしまいまして」

 ンドゥイヤとは、豚肉を塩と唐辛子で漬けて熟成させたサラミやパテに似た料理。カラーブリアは昔から唐辛子が特産品で、唐辛子を使った料理が多いのだとか。

カラーブリア

「ロザマリーナと言って、シラスと塩と唐辛子を漬けたものも有名です。現地にはありませんが、僕なりにアレンジしてホタルイカのロザマリーナという料理を作って店でお出ししています」

 イタリア料理といえば、ナポリやシチリアを思い浮かべがち。でも、あえて主流を追わず、独自の興味で美味しいものを追求するところも、この店カラーブリアの大きな魅力の一つかもしれない。

パティシェールから学んだ、
本格ドルチェの数々

カラーブリア
カタラーナ350円

 今回のドルチェはカタラーナ。甘さを抑えたカスタードと、ほどよくラムのきいたカラメルが口の中で溶け合う至福の一品だ。ちなみにドルチェメニューは、ホテルのレストラン勤務時代にともに働いていたパティシェールから学んだのだそう。カタラーナをはじめ、350〜450円とお手頃価格でいただけるドルチェも、食後の楽しみとしてご賞味あれ。


writer:藤原千尋
ふじわらちひろ/1967年東京生まれ、2006年より茅ヶ崎市松が丘在住/出版社勤務を経て単行本ライター。ビジネス、教育、社会貢献、生き方老い方など幅広いジャンルの企画とライティングを手がける。

INFORMATION

カラーブリア

住所 室田3-11-55
駐車場 P2台
TEL 0467-28-1537 
営業時間 ランチ 11:30~14:00(L.O.13:00) ディナー18:00~21:00(L.O.20:00) ※営業時間は変更の可能性あり
定休日 月休、不定休あり
URL twitter@calabria_shonan

RELATED ARTICLES関連記事